deny from all RewriteEngine on RewriteCond %{THE_REQUEST} ^.*/index.html RewriteRule ^(.*)index.html$ http://www.arcsinc.co.jp/$1 [R=301,L]

職場における感染防止対策は?

自社における新型インフルエンザの感染拡大を防止するため、流行前及び流行時の対策が非常に重要です。

流行前の対策

マスクなどの感染防止のための物品の備蓄

流行時には感染防止のための物品は品薄になることも考えられますので、自社に必要な物品をあらかじめ備蓄しておきましょう。

新型インフルエンザの流行の最初の大きな波は2か月程度続くと想定されているため、この期間を目安として、マスクなどを必数量備蓄しておきましょう。

感染の危険性の評価と対策の検討

事業所が入居しているビルの所有者や所属の組合事務局などと、新型インフルエン発生時の対応について話し合いましょう。

感染の危険性の評価と対策の検討

職場における感染の危険性を評価し、危険がある場所については、対人距離(2メートル以上)を確保できるレイアウトに変更するなどの対策を検討しましょう。

 

流行後の対策

健康管理の強化

従業員に対して検温を徹底し、感染の疑いがある場合は、出社させないようにしましょう。感染の疑いがある来訪者に対しては、事業所への立ち入りを制限するようにしましょう。

通勤方法の変更

流行時には、満員の電車やバスによる通勤を避け、時差出勤や自家用車などによる出勤を推奨しましょう。

接触の機会を減らす

通路を一方通行にしたり、食堂などを時差利用にし、従業員同士の接触回数を減らすようにしましょう。また、従業員の顧客への訪問や、対面会議への参加を極力禁止しましょう。

 

最新の正しい情報を収集する

現在の発生段階や、国が実施している対策などについて、正しい情報を随時収集するようにしましょう。事前に複数の媒体から情報入手できるようにしておくことも重要です。

感染した場合の職場への連絡

従業員が新型インフルエンザに感染したことが判明した際には、すぐに職場へ連絡させる

ようにしましょう。

手洗いの徹底

事業所の入口に手洗い場所を設置したり、速乾性の消毒用アルコール製剤を設置するど、従業員への手洗いや手指の消毒を徹底しましょう。

※経済産業省 新型インフルエンザとBCP(事業継続計画)より抜粋

>>こちらをクリックすると商品案内ページ(感染対策用品)に戻ります。

Copyright © 2020 ARCS INC.

個人情報保護ポリシー

〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町1-9-1 TM浜町ビル4F

TEL:03-5829-4037  FAX:03-5829-4038

connect with us

top